2013年ありがとうございました♥

気づけば今日は大晦日。

皆様の2013年はどうでしたか?

hUbにとって2013年は再出発の年となりました。

ブランクを経て、吉祥寺・渋谷に続き川崎・品川とお出かけし、
これまでとは少し違った気持ちで活動に取り組めたと思います。

ドレスの製作方法もパワーアップして、
気持ちの面ではより正面から、そしてより深く各プロジェクトに向き合うようになった2013年でした。

♥♥♥

では、お待たせしていた川崎と品川の感想を今年最後にお伝えしたいと思います。

まずは川崎から。

kawasaki2

その日はあいにくの雨でした。

雨をしのぐため、散歩は地下商店街(アゼリア)にて。

街の風景は、時間帯や構成する人々によって異なり、
そうした違いにより街に対して感じることも受ける印象も大きく変わります。

今回訪れた平日昼間の川崎は、新聞紙人間にとって居場所を見つけるのがこれまでで一番難しい場所でした。

私たちの思い描く景色を街の人々と共有するには、まずコミュニケーションが必要だったりします。

しかし川崎ではコミュニケーションを大きく制限される事態が発生しました。

地下街とJR川崎駅付近の至る所で警備員さんに見張られてしまったのです。

新聞紙人間の行動としては他の場所と違う何かをしているわけではなかったのですが、
異物に対する警戒心からでしょうか・・・

ずっと私たちを見張っていて、
街行く人々とコミュニケーションをとることを制限されてしまいました。

そのため居場所というか、
新聞紙人間がその場にいる意義を作ることが困難になったのだと、
今になって思います。

川崎は、本当はもっと丁寧にコミュニケーションの取り方を探ることが必要な場所でした。

そうしたいと思っていたのに出来なかったという、
もどかしさの残る特別な日になりました。

shinagawa2

品川は逆に、その場の人々と丁寧なコミュニケーションをとることなく
存在意義を見出せる場所だったように思います。

平日の通勤時間、
「会社に行く」という目的のために急ぐ人々。

その流れに逆流して散歩をしてきました。

新聞紙人間は出社する先をもたないのでのんきなものです。

(もしお急ぎの方がおりましたら申し訳ありませんでした。)

ですが、自分だけの世界で日常の出来事だけを見つめていると、
見落としてしまうことも多々あるかと思っています。

そういう私たちも、日常の忙しさに追われて大事なことを見逃すこともあります。

ひとときだけでも、視野を少しでも広げるきっかけになること。

それも私たちの役割かなと思っております。

品川では、その意義が非常に強く感じられ、
私たちにとっては本当に面白い、最高のステージで一年を締めくくることができたと思います。

♥♥♥

9月に吉祥寺・渋谷、10月に川崎・品川。

11月、12月は散歩することはなく、せっせと冬服を作っておりました。

実は、来年1月25、26日に鳥取県米子市で行われる
「とりアート」という芸術祭に参加させて頂けることになりました。

そこでは2日に渡っての散歩と、これまでの映像の展示を行います。

もし近くにいらっしゃる方がいましたら、ご一報を!

冬服製作や「とりアート」までの作業に関してはまた書きたいと思います。

♥♥♥

2013年、

hUbを見守って下さった方々、

そして出会った全ての人たちに

ありがとうございました。

2014年もどうぞよろしくお願い致します

♥hUb♥

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中