stage 52: socks & everyday life @ Tori Art 2015 (performance/installation)

3.5  ~ 3.7. 2016

Tori Art 2015: Socks and Everyday Life

♡ 日本語 ♡

とりアート〈日野会場〉での作品では「靴下」を素材として選びました。靴下を選んだ理由は、 靴下というものは「服」と「下着」の中間くらいの位置付けで、肌に触れる「肌着」としての機能と、 靴を脱げば人目に触れる「服」のような機能のふたつを合わせもっており、「人に見せることので きる肌着」という点が魅力的だったためです。 靴下には使い古した質感、所有者の年齢・性別、デザインの好み、歩き方のくせ、仕事や活動内容 といった様々なものが現れていきます。日野町を中心として集めた今回の靴下の展示を、少しでも みなさまの日常と重ねて見て頂けると嬉しいです。
パフォーマンス: happy unbirthday + 日野町・米子・鳥取の皆様
インスタレーション:happy unbirthday
撮影・映像:カヤノユウイチ
音楽:川中 ポール 彰平

♡ English ♡

This installation/performance piece was realized through a month-long artist in residence for the Tori Art 2015 festival. Socks are an everyday item that can be categorized both as an article of clothing as well as an undergarment of sorts. In some ways, they are very personal items that reflect the personalities of those who wear them, their tastes, how they walk and how they live their day-to-day lives. This performance/installation piece, involving the participation of local residents in the performance through workshops, was designed too give the audience a new experience of the familiar task of putting on, taking off, walking and living our day-to-day lives in socks.
Performance: happy unbirthday + residents of Hino-cho, Yonago, Tottori
Installation: happy unbirthday
Videography:Yuichi Kayano
Music:Paul Shohei Kawanaka

kutsushita_all

kutsushita_crumpled

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中